出産後は自分がうつ病にならないように、対策をとっていきましょう

核家族化によって

産後うつとは、その症状と特徴

産後うつとはその名の通り、産後に陥るうつ病のことです。産後の体調が万全でない状態での子育て、そのストレスやホルモンバランスの崩れなどによって、うつの症状が現れてくるのです。 産後うつの症状の代表的なものはうつ病のパターンとほぼ同じです。何事においてもやる気がなくなる、食欲もなくなり、起きているのがつらくなってくる。だからといって質の良い睡眠をとれるわけではないので、結局悪循環となり、それが子育てや日常生活にも支障をきたすようになっていくのです。 産後のお母さんというものは思っている以上に体力的にも精神的にもダメージを負った状態なので、できることなら周りがサポートしてあげるのが一番です。ですが、核家族化が進む昨今、それが現実的にできない家庭も多いということも知られていますね。

周りの人間ができること

産後うつは周りの手助け次第で防ぐことができます。では、具体的に、周りの人間はどうやって出産後のお母さんの産後うつを防げばいいのでしょうか。 それは意外に簡単です。多少知識や経験のある人であれば子育てを手伝ってあげるのもいいでしょう。さらに、そういった手助けができないという場合でもお母さんの話を聞いてあげるだけでもいいのです。日ごろため込んでいる子育てのストレスや鬱憤など、口に出すことで多少気分が変わってくることもあります。 そしてこれが良い影響を与えて、結果的に産後うつの発症も防ぐことができるのです。最もその大きな役目を担っているのが夫です。お母さんが一番に頼れる相手と言えば子供の父親であり、夫婦でもある夫なのです。できるだけでかまいません、少しでもお母さんの負担を減らすようにちょっとした言葉かけから始めていってみるといいのではないでしょうか。

Menu