出産後は自分がうつ病にならないように、対策をとっていきましょう

支援する施設もある

産後うつの原因と症状とは

出産した女性の中には、産後うつになる人が多いのです。 産後うつになりやすい人の傾向として、育児は全部自分でやろうと思って人を頼らないなどがあります。 産後うつの原因は出産後のホルモンバランスの乱れが元々の原因となります。ホルモンバランスが崩れている時にゆっくり休むことが出来ず、育児に専念しなくてはいけないのです。 産後うつになると疲労感が取れず、理由もなくイライラしてしまうのです。集中できなくなってしまうのです。ひどくなると家族に愛情を感じられなくなったりするのです。 産後うつも病気の一つとしてとらえて、早めに病院に行くことが大切なのです。また、育児にはお父さんも協力して行っていくことが大切です。

治療法と育児の取り組み方について

産後うつになった場合には、まず病院に行き診察してもらうことです。 育児が大変と感じる場合には、地域の子育て支援センターなどに相談することも大切なのです。育児を一人でがんばらなくてもいいという気持ちを持つことです。産後うつが酷くなり心の余裕がなくなってくる前に対策を立てるようにします。 産後うつの原因は、そのまま育児ストレスが原因ともいえます。 一日に少しの時間でも子供を家族に預けて、散歩をして一人の時間を楽しむことで改善することもできるのです。 この一人の時間を持つことで乱れていたホルモンバランスがよくなり体調もよくなります。 育児は一人でするものではないと思うだけでも、余裕が出来てリラックスすることができるでしょう。 家族や周りの人のちょっとした心遣いで産後うつは改善することができるのです。

Menu