出産後は自分がうつ病にならないように、対策をとっていきましょう

明確な原因はない

産後うつとマタニティブルーの違い

産後うつは、出産を境にして起こる急激な女性ホルモンの、変化によるものとする説もありますが、原因は明確にはされていません。 似たような症状に、マタニティブルーがあげられますが、ブルーな気分つまり沈み込み状態が産後から始まって二週間くらいで治まります。 一方の産後うつは、文字通りに産後二、三週間から始まり短くても一ヶ月の間、長いと一、二年の間続くのです。 気分が少し沈むマタニティブルーと違い、産後うつは精神の疾患の一つなので病院での診察が望ましいです。 疾患の程度は、個人差があり軽度、中等度、重症度の三つに分けられます。 産後うつになりやすいのは、完璧主義で責任感が強い努力家が多いです。 不慣れな家事と育児を完璧にこなそうと、一人で頑張ろうとした結果が上手くできずに罪悪感や自己嫌悪に、陥ってしまうケースがみられます。

夫として気をつけるべきこと

陥ってしまう原因は、一つとは限らずいくつもの問題が重なっていき発症してしまいます。 産後うつは、うつ病同様に身体の疾患ではないので、傷や痛みなどもなく本人の自覚が難しいのです。 一緒に住んでいる人が、普段からしっかりと見て支えてあげることが、発症させないことにもつながります。 発症させないための予防策としては、話をちゃんと聞いてあげてください。 例え内容がくだらないことに思えても、奥さんにとっては重要なことなのです。 決して適当に相槌をうつだけではすませないで、真摯に向き合う姿勢が大切になります。 奥さんは、充分に頑張っているので、励ますつもりの奨励の言葉は負担になってしまうのです。 頑張ってという言葉は使わないように、気をつけましょう。 二人だけだった生活の時とは違い、やらなければいけないことが増えた奥さんに多大な期待は寄せないでください。 部屋の中が多少散らかっていたとしても、責めないでいただきたいのです。

Menu