出産後は自分がうつ病にならないように、対策をとっていきましょう

自分にあった治療法

女性が発症するうつ

産後うつの症状について知りたいならこちらのサイトへ。似ている症状を感じたら病院へ言って診てもらいましょう。

認識の歴史と現状について

待望の我が子の出産後に、情緒不安定といった症状が慢性的に現れる「産後うつ」にかかる女性の方が増えています。 産後うつの主な症状には、気分の沈み、不安、緊張、注意力散漫、激しい自己嫌悪、食欲不振や不眠といったものが挙げられます。産後数週間から数ヶ月以内にこれらの症状がではじめ、その後に症状の悪化や慢性化が見られます。このような出産後の女性に生じる精神的な疾病に対して、「産後うつ」という病名が付き、本格的に医療として取り組みが開始されたのは1980年代になってからのことです。現在では「産後うつ」は、はっきりとした病気であると認識され、精神科医による治療が行われています。治療には症状の程度により薬の処方が行われる他、カウンセリングが行われています。

病気に対する今後の取り組みについて

出産後の女性がかかる心の病が「産後うつ」ですが、この病気に対する取り組みは昭和50年代から開始されました。産後うつは、早期に発見し適切な治療を行うことで、治すことが可能な病気です。最近では、産後うつの原因として脳の神経伝達物質が異常や、ホルモンの変化などが関係していることも分かってきました。産後うつの治療には、薬物療法とカウンセリングを主に行っていきますが、配偶者などの家族の協力や理解、コミュニケーションも症状の回復に重要な要素を持っています。そのため、産後うつに対する男性や社会の認識と理解を深めようと、地域住民や関係医師、助産師が集まりセミナーや講演を開催するといった取り組み行われ、今後ますます拡大していくことが予測されます。

産後うつの対策とチェック

産後うつになってしまう人は、頑張り屋さんで完璧主義者の人が多いとされています。不安定な精神状態にパニックになってしまい、重症の場合には、産後うつから本当のうつ病になってしまうこともあります。その為、自分には関係ないと思わずに、いつ頃になりやすいかを知っておくことが大切です。また、もし産後うつになってしまった場合、自分では判断しにくいものなので、産後うつが自分に当てはまっているのか項目でチェックできるサイトがあります。これは、インターネットを使って産後うつを検索するだけで簡単に出てきますので、気になっている方はやってみたほうが良いと思います。いずれにせよ、1人で抱え込まないことが大切になります。

判断しにくいからこそ

産後うつは、自分では判断が難しいものです。産後うつに似ているような症状が少し出ただけでは、なかなか病院に足を運ぶことはないかもしれません。自己判断で産後うつの疑いがある場合には、産後うつを項目でチェックできるサイトを使用することが良いと思います。これを利用することによって、もう自己判断する必要はなくなります。項目が当てはまるようなら、病院へ行くきっかけになり、当てはまらないなら様子を見ることができます。やはり、自分では判断できないことを手軽な作業だけで判断できるというとこが、このサイトの良さだと思います。出産後の忙しい時期だからこそ、このツールを利用したい人は多いでしょうし、心強い味方になっていると思います。

Menu

女性のストレス

産後のホルモンバランスの乱れからくる産後うつは、上手に乗り切る為にも自分1人で抱え込むのではなく周囲にも相談して頼ることが1つの解決策です。産後うつは、出産後の女性は誰もがかかる可能性がある病気です。

もっと読む

明確な原因はない

産後うつはマタニティブルーと違い、憂鬱な気分が産後長い間続くのが特徴です。もし奥さんが産後うつになってしまった時には、夫もしっかりと支えてあげることが大切です。

もっと読む

工夫して予防する

うつ病の中でも出産をした女性が発症するのが産後うつです。産後うつにならない為にも、産後の育児にプレッシャーを感じず適度に息抜きをしながらリラックスした状態で過ごすことが大切です。

もっと読む

支援する施設もある

産後うつにかからない為にも、産後は周囲の人も頼る必要があります。最近では子育てに関するサポートを行う施設も多くなってきているので、産後うつにならない為にも利用してみると良いでしょう。

もっと読む

核家族化によって

産後うつは昔からあるうつ病の1つですが、近年の核家族化によって産後うつを発症する人は増えつつあります。産後うつを予防する為にも、出産後は夫や両親、知人や友人を頼って精神的負担を軽減することが大切です。

もっと読む